Powered by Six Apart

以前の日々日記

陶芸 Feed

2010年6月13日 (日)

夢の続き・・・

「ドリームキルン」・・・土と炎を科学する画期的な陶芸窯
21世紀の陶芸をサポートする日本キルン株式会社。

先日の素焼きの成功に気を良くし、今日は本焼き。
酸化では面白くないので、還元焼成という、ざっくり言うと、すこしひと手間掛けた焼き方。

素焼きの温度は750度。
本焼きは1250度。
ほんとうにこんな窯で1250度まで耐えられるのか・・・。素焼きのときは750度だったので、あまり恐怖心も無かったのだが、1250度。少し怖い気がする。

でも、まぁ大丈夫だろうと、夕方点火。

電気と違ってガス火を調整しながらの作業は
「陶芸してるぜっ」
ってな気分になって楽しい。

ここからが未知の領域の750度越え。

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスの騒音が激しくなり怖くなり始めたのでガス調整弁に近寄る事が怖くなり「チキン棒」にてへっぴり腰で調整。。。

12 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、還元!

13 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソファーをバックに炎!ビルのオーナーさんに見つかったら眉をひそめられるかな。。。

そして!目標温度1250度!

14 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼成時間 3時間15分。

さすがに2時間という時間では怖くて出来なかったが、1250度まで3時間あまりで出来るとは・・・!まぁ、出来上がりに期待はしていないけどね♪

でも、いろいろ冒険した焼成が出来そうで、これからワクワクした日々が続きます!

 

2010年6月11日 (金)

先日、見知らぬご近所さんが突然教室に訪ねてこられ
「自宅で、趣味程度に陶芸をしていたんですが、もうしなくなったので小さい窯ですが引き 取ってくれませんか?」
と。
どんな窯か尋ねると、
名はドリームキルン。
大きさは炉内が35センチの40センチくらい。
ガ ス窯。
磁器も焼ける。
そして、一番のサプライズが2時間程度で本焼きが出来るとのこと!
ドリームキルン。。。ホントならばまさに 夢のような窯。
ごく一般的な窯なら本焼きの時間は12〜15時間程度。それを2時間・・・。
急ぎの少量の作品の素焼きなんかには便利そ う。
でもかなりの眉唾ものなんで、買って失敗したらイヤだな、と思って斜に構えながらお値段を聞くと

「It's Free」

いやしい桃久李オーナーとしてはただでもらわぬ理由はないと、揉み手をしながら100万ドルの笑顔でいただくことに♪

そして、今日素焼き。
1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに2時間で素焼き終了!

開けるまでわからないが、使えそうです!

3

2010年1月22日 (金)

片口

「何を注ぐの?」
って、聞かれることがある。
「いえいえ、口があるからって無理に注がなくても。白和えとか、きんぴらとかをこれに盛っても美味しそうかな」
そんな片口鉢。
名盤「STONE ROSES / Stone Roses」を添えて・・・。
Img_2492















陶芸クラブ桃久李

2010年1月20日 (水)

黒い器。

天目段付き鉢。
直径30センチほどの深みのある黒い器です。
名盤「LITTLE FEET  /  Sailin' Shoes」のラタトゥイユ仕込みを添えて・・・。
Img_2488













陶芸クラブ桃久李

2010年1月18日 (月)

片口

お客さんに
「ブログに作った器載せてみたら?」
衝撃の一言!
今までバカなことを書かなければならないと、プレッシャーの中ブログにいろいろ綴っていたのだが・・・そうか!ここは陶芸教室なんだ!
ということで
Img_2486
















最近作りました。こぶりな粉引片口。
名盤BOB DYLAN/THE BAND  before the floodと共に・・・。

陶芸クラブ桃久李














2009年12月17日 (木)

さっちゃん。

桃久李ニューフェイスのさっちゃん。
さすが芸大出身。器用で、センスあふれています。
Img_2450

















サンタクロースとトナカイ。
僕にはとても考えつかなく作られない代物。
作りたい方は出来ればさっちゃんが居るときに作ってみてください。
彼女が居ないときでも(僕で良ければ)作り方は教えられますが、ちょっとデブになったり幸が薄そうなサンタになるかもしれません。。。

2009年12月 7日 (月)

冬の新色(釉)その1

Img_2444Img_2445


























 
 
 

新しく釉薬を入れました!
長石釉ですねん。
酒器や茶器、酸化で焼くと(上の写真は還元です)食器全般に使えそうな釉薬です。
施釉のしかたによって表情が何通りも出来ますので面白いと思います〜。
あと2種類ほど増やしましたので、サンプルができ次第またご紹介いたします♪

 陶芸クラブ桃久李

2009年11月18日 (水)

大盛況でした!

第八回 陶芸クラブ桃久李 作陶展
Img_2357 Img_2291




































Img_2332Img_2298 Img_2322Img_2340Img_2314






































































雨の心配がつきない天気予報でしたが、2日間とも快晴で、300人ほどのお客様に来ていただきました。そのほとんどの皆様が、桃久李への入会待ちの方々ばかりであります(大嘘でございます)。
お子様から、目を奪われるような綺麗なお姉さん、日本画の先生、おじいさん、おばあさんまで遠いところから足を運んでくださり本当にありがとうございます。
来年はもっと面白い作品、企画を考えて参ります所存でありますので、第九回もよろしくお願いいたします!

陶芸クラブ桃久李
 

2009年11月11日 (水)

焼き焼き♪

先日、このブログで焼成スケジュールを予告しましたが、予定通り終了!なんやったら、一回余分に酸化焼成をするなど、「2週間足らずで5回の焼成」というハードスケジュールを見事にこなした自分を褒めてあげたい気持ちだ。
しかし、展示会用の生徒さんの作品が数多く詰められている今焼成中の窯の出来具合が心配。予想以上に上手く焼き上がってることを願って、今晩は杯を上げようと思う。

ということで、みんなの力のこもった展示会「第八回・桃久李生徒作陶展」は11月14日(土)・15日(日)
11:00から18:00(15日は16時まで)
大阪市住吉区帝塚山中4-10-14
「蔵ギャラリー」
06-6671-6749

陶芸クラブ桃久李

2009年10月28日 (水)

フル稼働!

11月14日(土)・15日(日)に毎年恒例の「桃久李 作陶展」が開催されます。
なので、いつもこの時期が一番忙しい。
というか、そわそわする。
もやもやする。
わさわさする。

毎日毎日、窯に火が入っている。

窯出ししては窯詰めして、素焼きが上がれば、色つけをして。

今後の予定です。
30日(金)・・・土鍋、本焼き
1日(日)・・・土鍋、窯出し
少し空いて
6日(金)・・・還元本焼き
8日(日)・・・還元窯出し
8日(日)・・・素焼き
10日(火)・・素焼き窯出し
10日(火)・・酸化本焼き
12日(木)・・酸化窯出し(汗)
そして、
13日(金)展示会へ搬入!

出来るのか!?

陶芸クラブ桃久李