Powered by Six Apart

以前の日々日記

音楽 Feed

2010年3月20日 (土)

信者

Hardrain




















しつこいようだが、遂にボブ“神様”ディランのライブに行ってきた!先週のジャクソン・ブラウンのしょっぱいライブの呪縛から解放されるべく、期待に胸をふくらませ四つ橋線へ。
場所は南港にあるZEPP大阪。キャパ2000人ほどの小さなホール。整理券番号が500番。「真ん中あたりかな・・・」との控えめな予想とは裏腹にステージまで7〜8メートルほどの距離。前日に観に行ってたぴょんきち兄さんの
「ディランは正面よりやや右側にいてるで」とのありがたいアドバイスを頼りにこまっちゃんと右側に陣取る。
念のため交代でおしっこに行き、それからは水分は取らないようにし、万全の体勢でディランを待つ。。。
さぁ、ここからが長い。オールスタンディングなので開演ぎりぎりにホールへはいると後ろの方の鑑賞となる。なので、良い席(場所)を押さえるには開場18:00に合わせて入らなければならない。なので、開演まで1時間は立ちっぱなし。この1時間は40歳にも届こうかという僕には堪える。ましてやこまっちゃん。オーバー50である。開演までしきりに「2万円出して2階席にした方がよかったんちゃうんか・・・。」体力的にこの公演を最後まで楽しむことが出来るのか不安な様子。
そして、長い長い1時間が経ち、ディラン登場!!!
地鳴りのような悲鳴のような歓声がこだまし、少しでもディランに近づこうと観客が右やら左に流れる。
凄い・・・!ディランが目の前にいる!大声で話しかけたら答えてくれるんじゃないかと思うほどの距離で!
「コンニチワ」
の言葉もなく始まる。
1曲目 Watching the river flow
知らん。
2曲目 Senou
おっなんか聴いたことあるぞ。
3曲目 I'll Be Your Baby Tonight・・・・

知らんし、知ってる曲かもしらんけどアレンジしすぎててわからん。

と続いていくわけだがディランのライブは同じツアーでも毎回曲目が変わる。年に1回しかしない曲もあるのだそうで。そしてヒット曲ばかりするわけでもなく、知らん曲がほとんど。そしてそしてヒット曲でもそのツアーごとで毎回アレンジしまくるのでサビに来るまでなんの曲かわからないことも多い。
「Highway 61〜」という曲があるのだが、こまっちゃんは
「64って言うてへんかったか・・・?」と訳のわからない聞き間違いをしていたほど。
なんの曲かわからへんというのもディランのライブの醍醐味の一つ。

それはそうと、近くで見られただけで幸せをかみしめられる興奮のライブでした。

さぁ、来日可能な残る大物アーティストは・・・?

ヴァン・モリソンあたり死ぬまでに1回は拝んでみたいな・・・。

陶芸クラブ桃久李

2010年3月10日 (水)

シェリル姉さん。

Photo


























一昨日、ジャクソン・ブラウン/シェリル・クロウという異色の組み合わせのライブ鑑賞に。
お目当ては前者ジャクソン・ブラウン。

イーグルスに曲を提供したことで有名な綺麗なきれいな曲を書くシンガーソングライター。彼が来日するともれなく観に行くことにしている。いつもお供をさせていただくのは、半オクターブの妖精こまっちゃん。今回は「悲しみに暮れた謎の3枚目のチケット」を握らされたかわうそ兄さんも共に。。。

そしてシェリル・クロウ。アルバムは2〜3枚は持っているが彼女のライブを見るとは夢にも思わなかった。というか、特に見たいという思いもなかったのだが・・・。

前半がジャクソン・ブラウン、後半がシェリル姉さん。

ん〜、シェリル姉さん、長すぎ。。。はじめの3曲くらいで僕たち3人は飽きてしまいました。
ジャクソンおじさんも、こう毎年毎年見に来るとちょっぴり飽きてきました。こまっちゃんも、「もうジャクソン・ブラウン、飽きたな」
なんて言いながら帰りの道中で
「今度、ジャクソン・ブラウンとデビッド・リンドレーのライブアルバム出るぞ」と鼻息を荒くして教えてくれました。
まぁ、僕も飽きたなんて言いながらお布施の意味を込めて買うんだろうな♪

で、来週はディラン!
声が出ていようが出ていまいが、セットリストがどうだこうだ、ライブの時間が短いだ短くないだ、関係ない!ライブを楽しみに行くのではない、神と遭遇しに行くのだ!
追加公演(3/11)のチケットがまだ余ってるそうです。ディランの曲を1曲でも知ってる人は是非!!

2010年2月 9日 (火)

来たぞ!

Photo


























待ちに待った神様ディランのチケットが届いた!
1F・オールスタンディング・¥12,000−。
なんでも2階席の¥20000の座席指定の方から売れていったらしい。
そうよね。ディランのファンの年齢層は50〜70歳代が中心。2時間立ちっぱなしはきついだろうね。かのマライア小松も1Fにためらっていた様子でしたモン。。。

マライア小松とディランを観にご一緒させていただくのだが、2時間立ちっぱなしの体力の心配はしていないのだが、粗相をしないか心配だ・・・。



2009年12月26日 (土)

行くぞ!

ディランの「ライブ・イン・ジャパン〜ライブハウス・ツアー〜」チケットなんなく取れました!
行ってきます!
もとい、逢ってきます!

陶芸クラブ桃久李

2009年12月23日 (水)

来るぞ!!!

Freewheelinbobdylan
















 
 
 
 

ぴょんきち兄さんから驚きの連絡が!
神様ボブ・ディランが来日するぞ!
しかもライブハウス並のキャパの小さなところで!
行かなくては!行かなくては!
しかーし!そのちょうど1週間前にはジャクソン・ブラウンというおっちゃんのライブのチケットも取っている。その上、ちょうどその1ヶ月前くらいには私の初のベイベーが誕生している予定。。。
生まれたばかりの子供と嫁をほったらかしにして2週続けてライブに出掛けても良いものだろうか・・・。
考える。
考える。
考える。
およそ2分ほどのじっくりとした自問自答の結果、ディランに逢いに行かなければならないと悟る。観に行くのではない、「逢う」のである。
そして嫁のご機嫌を伺い、言い出すタイミングを見計らい、

「一生のお願いがあるんやけど・・・」

「何!いやや!」

「・・・いやいや、ちょっと・・・」

「何!今日呑みに行くのん?」

「いやいや、そんなことで一生のお願いは・・・。あのぅ・・・3月にね、神様に逢いに行かねばならなんのやけど。」

「何!なんのこと!」

「ディラン・・・」

てな感じで交渉すること数分で快諾を得ることに!
なんとできた嫁なんだろう!
嫁、万歳!
歴史の証人となってくるぜ。。。
さぁ、なんとしてもチケットを取らねば!

陶芸クラブ桃久李

2009年12月22日 (火)

「良い買い物が出来た。たまたま、いいタイミングでお互いに良い商談がもてたのだ」

今思うと、自分に嘘をついていたのかもしれない。

生徒さんから

「そのオークションに中国絡んでるんやろ。・・・コピーちゃうの?」

いーや、そんなこたぁーない!
彼は新品を買ったのだけど26歳の誕生日に、彼をビートルズマニアだと知っていた32歳の彼女が同じ商品を贈っていまい、彼は彼女には「ありがとう!これ欲しかったんだ!」と救いの嘘をつき、彼女からもらったものは手元に残し(優しいね♪)、自分が買った方のCDを泣く泣くヤフオクに出品しただけのこと!
誰も傷ついていないし、誰も損はしていない。それどころかみんながハッピーなの。

・・・。

出品者は日本人。
しかし発送元は上海。
なぜか振込先は○○銀行 平野支店。

そしてビートルズボックスのオークションを開くと

注目のオークション詳細はこちら
【豪華限定版】ザ・ビートルズ・ボックス リマスター セット
出品者(評価):angel_15985tsk評価
新品 Yahoo!かんたん決済
5,099 円 - 16 11 時間

ウォッチリスト

★豪華限定版★ ザ・ビートルズ・ボックス リマスター 16CD+1DVD
出品者(評価):eusau1247評価
新品 Yahoo!かんたん決済
5,099 円 - 13 12 時間

ウォッチリスト

超豪華! ザ・ビートルズ・ボックス リマスター 16CD+1DVD
出品者(評価):angel_15985tsk評価
新品 Yahoo!かんたん決済
5,099 円 - 12 12 時間

ウォッチリスト

お勧超豪華! ザ・ビートルズ・ボックス リマスター セット
出品者(評価):angel_15985tsk評価
新品 Yahoo!かんたん決済
3,100 円 - 6 13 時間

ウォッチリスト

こんな画面がびっしり。

一体、何万本のコピーが流出しているの?
よい子のみんなは買っちゃダメよ♪

陶芸クラブ桃久李

2009年12月16日 (水)

鬼安

Img_2453

















ぴょんきち兄さんのブログを見て驚いた。
ビートルズのリマスターボックスセット。輸入盤で2万円強
ビートルズはほとんど持っているので2万円も出して入手するのはキビシイな・・・。それにビートルズのメンバーが作りたかった音を勝手に壊して今風にするのもどうかな・・・、なんて強引に自分を騙し買うのを諦めていた。
ところがヤフオクで新品の輸入盤¥5,980!!!と出ているではないか!5980円ですよ!送料が上海からなので2500円いるのだが、それでも8500円。
普通なら信じられなく買わないのだが、ぴょんきち兄さんが既に同じ人から買っていたので安心して落札。
ワクワクしながら、そわそわしながら待っていると昨日、到着!

いやぁ〜、いいよ!
ぴょんきち兄さんの言うとおり、新譜のような音色。
いやいや、聴いているうちに彼らは本当はこういう音が作りたかったのかもしらんな、と勝手に解釈して聞き惚れております♪

ファーストからレットイットビーまで順番に聴いております。
桃久李の会員の皆さん、当分お店ではビートルズです。。。

2009年11月27日 (金)

退化

091123_200924















結成十数年の我らのバンド。
呑みながらのスタジオ練習のため・・・というか自宅での猛烈なる練習不足・・・というか家では一切楽器に触れることがないための指先の退化、リズム感の退化、曲の構成を憶えられない老化、という大きく言えばこの三点による怠慢でバンドとしてのクオリティーが日に日に下がっていくことを実感できた前回のスタジオ練習。

スーパーベーススト「ヤマクチ」の加入によりそれを補えることを夢見たが、実際はよけいに旧メンバーの下手さが浮き彫りとなった。

明らかに指が動かなくなってきているし、コピーもしきれていないギター・くめくめ兄さん。

前にも筆述したが十数年同じ曲をやっているのに1曲たりとも詩を憶えていない、半オクターブの妖精ボーカル・こまっちゃん。

別のバンド、イノウエ式ドロップスに気が向いているのか、指は動いているのに曲を憶えてきていないギター・かわうそさん。

一転、月2回のドラムスクールに通い、自主練もこまめにがんばっていて、頭が上がらないドラム・ぴょんきちさん。

そして、めっちゃうまいし、コピーもばっちり練習してきているベース・ヤマクチ。

我ら三人が足を引っ張っているではないか。こまっちゃん、かわうそさん、がんばろうではないか!

酩酊して13,000円もするライブのチケットを2枚もなくすなんて、情けないことはやめて!

スーパーベーススト「ヤマクチ」を見返すべく、明明後日くらいからギターを頑張ろうではないか!

2009年9月13日 (日)

それでも欲しい。。。

Beatles_fc







ビートルズの全てのアルバムが最新の技術で音を良くして発売された。
全部持っていても欲しくなるボックスセット。
4万円くらいらしい。

なんでも発売当時はモノラル録音だったものをステレオ録音にしたり。
う〜ん・・・、オリジナルをいじって無理矢理ステレオにしてもなぁ・・・。

持ってるしなぁ・・・。

買い直してもそないに聴かないやろうしなぁ・・。

それでも、欲しいっす!

2009年7月22日 (水)

Beginner

さぁ、スタジオでのバンド練習!
練習のみで本番の予定は全くないが、それでも楽しく練習♪

ぴょんきち兄さんはT-REXばっかりをきっちり予習してきたようで、なかなかにタイトなドラミングであった。
かわうそ兄さんは「前回の練習以来、初めてベースをさわった」というが、器用なのでごまかしながら合わせていた。
こまっちゃんはこのバンドで10年間もやっているWeightという曲の歌詞をいまだ全く憶えていなく、その加齢ぶりを僕たちに見せつけてくれた。

まぁ、そんな感じで2時間という長い長いスタジオ練習は3分の2をバカ話で過ごし、楽しく終了。

で、このバンドでは新メンバーを募集しています。
ベース、もしくはドラム(特に今のベースがダメだ、とかドラムがダメだというわけではありません。皆本来のポジションが恋しく思っているので。)。
利害関係が無く、だらだら練習が出来る人。
楽しくお待ちしております〜♪