Powered by Six Apart

以前の日々日記

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月24日 (水)

新・三銃士

Jdfcl1597


















今一番楽しみにしている連続ドラマ。
これが面白い。
NHKで夕方にやってるのだが、三谷幸喜脚本の連続人形劇。
人形劇といっても、ドリフの西遊記のようなちゃちなセット、人形ではなくたっぷりとお金をかけたもの。特に主要人物の顔は非常に良くできていて、同じ顔なのに様々な表情に対応できるように創られている。
かなり話は進んでるが、ネットなどで今までのあらすじを復讐してからでも見る価値はあります。是非♪
あ、チャングムの再放送も結構楽しみに見ています〜。3回目かな。。。

陶芸クラブ桃久李

2010年3月22日 (月)

悩み

少し悩んでいる・・・。

仕事のこと・・・ではない。
作陶に行き詰まってる・・・というカッコいい感じでもない。
ましてや、どうやったらこまっちゃんの声域を広げられるか、なんてことでもない。

子供。

泣くねぇ。
まぁ、その泣き声も泣き顔もかわいいのだが、問題は泣いたときに歌ってあげる子守歌。
いざとなると出てこない。
しっとりとした曲がいいのだろうと、そんな曲を思い返す。

・・・

「ワンダフル・トゥナイト」

いかんいかん、不倫好きなクラプトンが彼女の支度が遅いことを愚痴ってる曲ではないか。

・・・

「風に吹かれて」
ちょっと、子供には哲学過ぎるぞ。

・・・

ニールヤング/各曲

クレイジーすぎるぞ!

うーん・・・。

由紀さおり姉妹のレコードでも買ってみよっかな。

2010年3月20日 (土)

信者

Hardrain




















しつこいようだが、遂にボブ“神様”ディランのライブに行ってきた!先週のジャクソン・ブラウンのしょっぱいライブの呪縛から解放されるべく、期待に胸をふくらませ四つ橋線へ。
場所は南港にあるZEPP大阪。キャパ2000人ほどの小さなホール。整理券番号が500番。「真ん中あたりかな・・・」との控えめな予想とは裏腹にステージまで7〜8メートルほどの距離。前日に観に行ってたぴょんきち兄さんの
「ディランは正面よりやや右側にいてるで」とのありがたいアドバイスを頼りにこまっちゃんと右側に陣取る。
念のため交代でおしっこに行き、それからは水分は取らないようにし、万全の体勢でディランを待つ。。。
さぁ、ここからが長い。オールスタンディングなので開演ぎりぎりにホールへはいると後ろの方の鑑賞となる。なので、良い席(場所)を押さえるには開場18:00に合わせて入らなければならない。なので、開演まで1時間は立ちっぱなし。この1時間は40歳にも届こうかという僕には堪える。ましてやこまっちゃん。オーバー50である。開演までしきりに「2万円出して2階席にした方がよかったんちゃうんか・・・。」体力的にこの公演を最後まで楽しむことが出来るのか不安な様子。
そして、長い長い1時間が経ち、ディラン登場!!!
地鳴りのような悲鳴のような歓声がこだまし、少しでもディランに近づこうと観客が右やら左に流れる。
凄い・・・!ディランが目の前にいる!大声で話しかけたら答えてくれるんじゃないかと思うほどの距離で!
「コンニチワ」
の言葉もなく始まる。
1曲目 Watching the river flow
知らん。
2曲目 Senou
おっなんか聴いたことあるぞ。
3曲目 I'll Be Your Baby Tonight・・・・

知らんし、知ってる曲かもしらんけどアレンジしすぎててわからん。

と続いていくわけだがディランのライブは同じツアーでも毎回曲目が変わる。年に1回しかしない曲もあるのだそうで。そしてヒット曲ばかりするわけでもなく、知らん曲がほとんど。そしてそしてヒット曲でもそのツアーごとで毎回アレンジしまくるのでサビに来るまでなんの曲かわからないことも多い。
「Highway 61〜」という曲があるのだが、こまっちゃんは
「64って言うてへんかったか・・・?」と訳のわからない聞き間違いをしていたほど。
なんの曲かわからへんというのもディランのライブの醍醐味の一つ。

それはそうと、近くで見られただけで幸せをかみしめられる興奮のライブでした。

さぁ、来日可能な残る大物アーティストは・・・?

ヴァン・モリソンあたり死ぬまでに1回は拝んでみたいな・・・。

陶芸クラブ桃久李

2010年3月10日 (水)

シェリル姉さん。

Photo


























一昨日、ジャクソン・ブラウン/シェリル・クロウという異色の組み合わせのライブ鑑賞に。
お目当ては前者ジャクソン・ブラウン。

イーグルスに曲を提供したことで有名な綺麗なきれいな曲を書くシンガーソングライター。彼が来日するともれなく観に行くことにしている。いつもお供をさせていただくのは、半オクターブの妖精こまっちゃん。今回は「悲しみに暮れた謎の3枚目のチケット」を握らされたかわうそ兄さんも共に。。。

そしてシェリル・クロウ。アルバムは2〜3枚は持っているが彼女のライブを見るとは夢にも思わなかった。というか、特に見たいという思いもなかったのだが・・・。

前半がジャクソン・ブラウン、後半がシェリル姉さん。

ん〜、シェリル姉さん、長すぎ。。。はじめの3曲くらいで僕たち3人は飽きてしまいました。
ジャクソンおじさんも、こう毎年毎年見に来るとちょっぴり飽きてきました。こまっちゃんも、「もうジャクソン・ブラウン、飽きたな」
なんて言いながら帰りの道中で
「今度、ジャクソン・ブラウンとデビッド・リンドレーのライブアルバム出るぞ」と鼻息を荒くして教えてくれました。
まぁ、僕も飽きたなんて言いながらお布施の意味を込めて買うんだろうな♪

で、来週はディラン!
声が出ていようが出ていまいが、セットリストがどうだこうだ、ライブの時間が短いだ短くないだ、関係ない!ライブを楽しみに行くのではない、神と遭遇しに行くのだ!
追加公演(3/11)のチケットがまだ余ってるそうです。ディランの曲を1曲でも知ってる人は是非!!

2010年3月 5日 (金)

ほったらかし

にしていたわけではないのよ。
今日のおもしろ話や、とんだハプニング!悲しい話・・・など投稿しようと思うのだが、なにせ愛しの嫁は産休中。アルバイトのさっちゃんはこちらの思い以上に奮闘してくれているが、経費の関係もあって毎日働いてもらうわけにはいかないので、僕独りで動く日も多いのだ。
教室の皆さんは手が回らない僕を温かく見守っていてくれているのだが・・・。

さぁ、ブログを書こうと思いきや
「あっ、支払いが・・・銀行へ行かねば!」
気を取り直してコーヒーでもすすりながらさて、こんな事があったなと思いきや
「おっと、両替に行かねば」
こんどこそはゆっくり出来るぞ!と葉巻をくわえながらパソコンに向かうと
「あっ、今からキムヨナと真央ちゃんの決戦や!」
と車へ逃げ込み、結果的には真央ちゃんの惨敗を涙ながらに鑑賞。。。
またまた、その日は教室がゆっくりだったので、掃除も早く終わったので今日こそはっ、とブランデーを片手にキーをたたこうとすると
「あっ、今日は税理士の先生が来る日やった!」
などなど。。。

で、今日久しぶりの日記。

昨日初めて2時間ほど独りで子守しました。
ミルクをあげたあとのゲップが出たかどうか心配で15分くらい背中をたたいていたら泣かれましたとさ。。。